【対戦】ノース150TV戦(2018.0201)

◆ヘヴィギアノース対決
2018/02/01
この記事は18年2月1日に秋葉原のホビーショップアローズさんで戦ったヘヴィギア150TV戦のまとめになります。
(※):ヘヴィギアで使用されるいわゆるアーミー編成ポイントは「TV(スレートバリュー=脅威度)」と呼称します。
彼我の戦力評価を脅威度で判定するとかアツイですよね!

>はじめに
このツイートをしたところ

今回は戦場の様子に興味があるとのご要望らしきリプライがあったので、


せっかくですので対戦実況ツイートに挑戦してみました。

>編成
おじさん軍の編成。


ラズ軍はこんな感じでした。

◆CG1(50TV)
PU:RCスカッド
2xWitecat Cheetah(1xCGL)
2xWildFerret
SU:LT(16)
1xStormhammer

◆CG2(55TV)
PU:FSスカッド
1xDestroyer Kodiak+SCO(CGL)
2xGrizzly
SU:レコン
1xcheetah

◆CG3(45TV)
PU:PTスカッド
1xThunde Flash Jaguar(CGL)
2xSniper Jaguarr
1xFire Jaguar

>戦場構築
今回使用したのはドロップゾーンコマンダーというミニチュアゲームの紙製テレインです。
1/144サイズなのでガンプラ撮影にももってこいですよ。

>流れとシナリオ

ヘヴィギアの対戦はコンバットグループとよばれる戦闘単位を交互に動かしてゆきます。

>ゲーム開始

>おわりに


以上でヘヴィギアブリッツ(2018年1月Ver)の150TV戦レポートを終了します。
150TVは40k(8版)でいうと1500ポイントくらいの戦いですね。高コストの兵器を入れ始められるゲーム規模です。

50~100がチュートリアルで、欲しいものを少し買い足して150~200、めっちゃはまったら300TV戦に挑戦する流れあたりを推奨します。
遊びながら必要な兵器を覚えてゆくのは楽しいものですよ。

最後にCMをいれて終わります。
(ナレーションは銀河万丈さんか立木文彦さんのイメージで)

カプライス”ジャマーバシャン”改造機の作成過程

Tips《編成編 その2》

関連記事

  1. サウスSRA戦車編成vsブラックタロンBTIT対…

    2018年3月31日に行った300TV戦 ストーリー仕立てレポートです。…

  2. ヘヴィギアの戦術研究

    こんにちは。趣味とは手間を楽しむもの。「全ての過程はご褒美です。」と…

PAGE TOP