整備中の”パニッシャー(機体愛称)”

整備中の”パニッシャー(機体愛称)”。本機はケャー・アド・ディン市のデュエリストの中でも近年有名な機体である。ノースの最新兵器ギアストライダーの”シミター”を大幅に改造した機体で、修正主義教会の僧兵のような装飾だが、戦いぶりはノース修正主義から大きく逸脱した拝金主義の破戒僧だ。

サウスの空挺用ギア ”パラ イェガー”

沼地を進む”ダイアモンドバック”の小隊

関連記事

  1. 戦況は魔女の鍋のような混戦へ

    【破】サウス前線基地が突如爆音に包まれた。BT軍のステルスギ…

  2. 軍ヲ拡張セヨ戦ニ備エルノダ

    軍ヲ拡張セヨ戦ニ備エルノダ…

  3. カプライス解放戦線所属の改造機

    サウス基地で撮影されたCLRC(カプライス解放戦線)所属の改造機。この機体は…

  4. サウス国境付近の様子

    サウス国境付近の様子。中央の機体はヘッドの形状から量産型ギア”イェガー”のコ…

  5. 侵攻中のCEFホバータンク部隊

    テラノヴァの荒野を侵攻中のCEFホバータンク部隊。車輌は前がMHT-72、後…

  6. ”キュラシアー”を狙撃用に改造した決闘者

    ”キュラシアー”を狙撃用に改造した決闘者の機体。決闘者(デュエリスト)とは、…

  7. ノースの重量級ギア”コディアック”の僧兵

    立ち往生するピースリバーの偵察ギア”ピットブル”と 橋を破壊し友軍の退路に立…

  8. 市街戦の一枚

    市街戦の一枚。おそらくCEF侵略軍との交戦記録と思われる。ノース軍の2大傑作…

PAGE TOP