テラノヴァの都市部に潜入中のCEF”BF2-25フレーム”

テラノヴァの都市部に潜入中のCEF”BF2-25フレーム”。CEF(植民拡張遠征軍)はテラノヴァの独自兵器ギアと接触して以来、そのテクノロジーを参照して独自の人形兵器バトルフレームシリーズの開発に着手している。本機は偵察任務のために開発され、火力、隠密性、機動力を兼ね揃えている。

高機動機にはフレーマー(火炎放射器)が有効だ

降下するサウス軍空挺”イェガー”部隊

関連記事

  1. CEF軍”モルガナ・ルレイル”の分隊

    サウス領の”自動対空砲”を無力化中のCEF軍”モルガナ・ルレイル”の分隊。こ…

  2. 出撃を始める”ブラックマンバ”小隊

    サウスの観測基地より。出撃を始める”ブラックマンバ”小隊の奥に見える青い機体…

  3. いつか見た決闘者の赤い”シュヴァリエ”

    いつか見た決闘者の赤い”シュヴァリエ”タイプのギア。砲戦用の大型野砲が増設さ…

  4. 侵攻中のCEFホバータンク部隊

    テラノヴァの荒野を侵攻中のCEFホバータンク部隊。車輌は前がMHT-72、後…

  5. ケャーアド・ディン市のライブパフォーマンス

    Nucoal加盟の闘技場都市ケャーアド・ディン市の小さな闘技場での前座でギア…

  6. サウスのギア・ストライダーの”ドレイク”

    ニュコールの工業地帯に侵入するサウスのギア・ストライダーの”ドレイク”。階下…

  7. ”ケャー・アド・ディン”の決闘者

    ニュコールに所属する闘技場都市(アリーナシティー)”ケャー・アド・ディン”の…

  8. 湿地を進む突撃小隊(ストライクスカッド)

    サウスの湿地を進む突撃小隊(ストライクスカッド)。左奥に見える濃紺の機体はサ…

PAGE TOP