市街戦の一枚

市街戦の一枚。おそらくCEF侵略軍との交戦記録と思われる。ノース軍の2大傑作機、汎用型ギアの開祖”ハンター”と、電子戦小型機の”チーター”が並んでいる。チーターはその軽快な機動力を活かし、ビルの上から敵への電子攻撃を仕掛ける。連携したハンターは遮蔽からバズーカで侵略者を迎撃する。

いつか見た決闘者の赤い”シュヴァリエ”

市街を蹂躙する大型”BF2-19”

関連記事

  1. サウスの旧式ギア「ラトルスネイク」

    サウスの旧式ギア「ラトルスネイク」は基礎設計から200年以上も経過している二…

  2. サウス国境付近の様子

    サウス国境付近の様子。中央の機体はヘッドの形状から量産型ギア”イェガー”のコ…

  3. ヘビーギアには様々な武装がある

    【TIPS】ヘビーギアには様々な武装があるが、各武器は「攻撃力(PEN)」の…

  4. 格納庫に集合するサウス軍ミリシャ所属の”イェガー…

    格納庫に集合するサウス軍ミリシャ所属の”イェガー”の大部隊。指揮統制用の”コ…

  5. ノースの傑作量産機”ハンター”

    ノースの傑作量産機”ハンター”に多くの派生機種が存在するのは、その長い運用実…

  6. 装甲列車の臨検をする”ブラックマンバMP”

    装甲列車の臨検をする”ブラックマンバMP”。MPはミリタリーポリス(軍警察)…

  7. テスト機動中の”サラマンダー”

    整備ハンガーでテスト機動中の”サラマンダー” 本機はサウス軍ミリシャに雇われ…

  8. 森林地帯を進むサウスのヘビーストライクギア”キン…

    森林地帯を進むサウスのヘビーストライクギア”キングコブラ”。本機は地球植民軍…

PAGE TOP