市街戦の一枚

市街戦の一枚。おそらくCEF侵略軍との交戦記録と思われる。ノース軍の2大傑作機、汎用型ギアの開祖”ハンター”と、電子戦小型機の”チーター”が並んでいる。チーターはその軽快な機動力を活かし、ビルの上から敵への電子攻撃を仕掛ける。連携したハンターは遮蔽からバズーカで侵略者を迎撃する。

いつか見た決闘者の赤い”シュヴァリエ”

市街を蹂躙する大型”BF2-19”

関連記事

  1. 地下工場で試験運用中の”ブラックマンバ”視察風景…

    地下工場で試験運用中の”ブラックマンバ”視察風景。サウスの主力ストライクギア…

  2. 戦況は魔女の鍋のような混戦へ

    【破】サウス前線基地が突如爆音に包まれた。BT軍のステルスギ…

  3. 高機動機にはフレーマー(火炎放射器)が有効だ

    【TIPS】遮蔽に隠れた軽装甲の高機動機にはフレーマー(火炎放射器)が有効だ…

  4. ニュコール所属の”シャスラー マーク2”

    ニュコール所属の”シャスラー マーク2”。サウスのイエガーをベースにしたライ…

  5. カプライス解放戦線所属の改造機

    サウス基地で撮影されたCLRC(カプライス解放戦線)所属の改造機。この機体は…

  6. 両国のギアにはデザイン傾向がある

    テラノヴァの両極にはノース、サウスという2大国がある。両国のギアにはデザイン…

  7. ケャー・アド・ディン市のデュエリスト機

    ケャー・アド・ディン市のデュエリスト機。本機の素体”グレイハウンド”は企業都…

  8. 【Tips】地形の影に隠れていても安心はできない…

    【Tips】地形の影に隠れていても安心はできない。ブラスト攻撃エリアにいる”…

PAGE TOP