戦闘中に突如爆発するCEFの”BF2-21フレーム”

戦闘中に突如爆発するCEFの”BF2-21フレーム”。CEFの特定装備は交戦中に突如爆破を起こす。これらは機体設計の欠陥というわけではなく、どれもが損傷機であり、継続戦闘が絶望視されるものから緻密に計算されたタイミングで爆発する。このことから機密保持の自爆装置であると考えられる。

両国のギアにはデザイン傾向がある

【TIPS】”ジェットパック(JP)”

関連記事

  1. サウス軍の”コブラ”砲戦仕様

    砲撃演習中のサウス軍の”コブラ”砲戦仕様。火力支援部隊(ファイアサポートスカ…

  2. ノースの傑作量産機”ハンター”

    ノースの傑作量産機”ハンター”に多くの派生機種が存在するのは、その長い運用実…

  3. 性能試験中の”シャスールMkⅡ”

    性能試験中の”シャスールMkⅡ”を素体にした現地改修機。バッドランドにはどの…

  4. 設営されたサウスの前線基地

    設営されたサウスの前線基地。惑星テラ・ノヴァの赤道付近は不毛の荒野と砂漠が広…

  5. リーグレス(同盟無き者)

    放浪者、犯罪者、野盗、底辺労働者、隠者、傭兵…テラ・ノヴァで力ある都市国家に…

  6. 侵攻中のCEFホバータンク部隊

    テラノヴァの荒野を侵攻中のCEFホバータンク部隊。車輌は前がMHT-72、後…

  7. 沼地を進む”ダイアモンドバック”の小隊

    沼地を進むサウスのストライクギア”ダイアモンドバック”の小隊。荒野の惑星テラ…

  8. 整備中の”パニッシャー(機体愛称)”

    整備中の”パニッシャー(機体愛称)”。本機はケャー・アド・ディン市のデュエリ…

PAGE TOP