カプライス解放戦線の”アッコ”と”メギド”

地下採掘場に身を潜めるカプライス解放戦線の”アッコ”と”メギド”。鉱山惑星カプライスが地球軍により再植民地化されて久しい。しかし、カプライス解放戦線は流刑者や虐げられる下層労働民を集め、廃品同様の寄せ集め機体からその戦力調達を図り、独立と自由な世界を夢見て戦い続けるのだ。

軍ヲ拡張セヨ戦ニ備エルノダ

整備基地で組み上がる”アモン”

関連記事

  1. 【TIPS】”ジェットパック(JP)”

    【TIPS】”ジェットパック(JP)”を装備したモデルはアクティベーション中…

  2. テスト機動中の”サラマンダー”

    整備ハンガーでテスト機動中の”サラマンダー” 本機はサウス軍ミリシャに雇われ…

  3. 市街を蹂躙する大型”BF2-19”

    市街を蹂躙するCEF軍の火力支援用の大型”BF2-19”フレーム(中央)と、…

  4. 地下基地より緊急出動

    地下基地より緊急出動するピースリバーの突撃用ギア”グラデュエーター”(手前)…

  5. ”アッコ”マウント多脚車輌

    地球植民地の鉱山惑星カプライス。テラフォーミング化で得た生存領域は惑星中央の…

  6. 高機動機にはフレーマー(火炎放射器)が有効だ

    【TIPS】遮蔽に隠れた軽装甲の高機動機にはフレーマー(火炎放射器)が有効だ…

  7. 装甲列車の臨検をする”ブラックマンバMP”

    装甲列車の臨検をする”ブラックマンバMP”。MPはミリタリーポリス(軍警察)…

  8. 地下工場で試験運用中の”ブラックマンバ”視察風景…

    地下工場で試験運用中の”ブラックマンバ”視察風景。サウスの主力ストライクギア…

PAGE TOP