カプライス解放戦線の”アッコ”と”メギド”

地下採掘場に身を潜めるカプライス解放戦線の”アッコ”と”メギド”。鉱山惑星カプライスが地球軍により再植民地化されて久しい。しかし、カプライス解放戦線は流刑者や虐げられる下層労働民を集め、廃品同様の寄せ集め機体からその戦力調達を図り、独立と自由な世界を夢見て戦い続けるのだ。

軍ヲ拡張セヨ戦ニ備エルノダ

整備基地で組み上がる”アモン”

関連記事

  1. サウス国境付近の様子

    サウス国境付近の様子。中央の機体はヘッドの形状から量産型ギア”イェガー”のコ…

  2. 戦場の後方で待機するサウス軍の自走砲”オストゴス…

    戦場の後方で待機するサウス軍の自走砲”オストゴス”とそれを守備する”イエガー…

  3. ノース軍”コマンド・マンモス”(左)とサウス軍”…

    ノース軍ストライダー”コマンド・マンモス”(左)とサウス軍ストライダー”コマ…

  4. 砲兵は戦場の神

    地球の古い言葉に「砲兵は戦場の神」という格言があるそうだが、ここテラ・ノヴァ…

  5. 白兵攻撃を仕掛けるノース軍の”チーター”

    CEF所属の”MHT-95”ホバータンクに白兵攻撃を仕掛けるノース軍の”チー…

  6. 最新型ホバータンク”ハタイロイ”

    サウス軍で使用されている最新型ホバータンク”ハタイロイ” 搭載された最新式の…

  7. 侵攻中のCEFホバータンク部隊

    テラノヴァの荒野を侵攻中のCEFホバータンク部隊。車輌は前がMHT-72、後…

  8. サウスの空挺用ギア ”パラ イェガー”

    サウスの空挺用ギア ”パラ イェガー”。軽量化のため、ロケットパックが外され…

PAGE TOP