地下工場で試験運用中の”ブラックマンバ”視察風景

地下工場で試験運用中の”ブラックマンバ”視察風景。サウスの主力ストライクギア”ブラックマンバ”は生産コスト、機動力、攻撃力、装甲厚が高精度にバランスされた恐るべき兵器だ。初期型は背面装甲の脆弱性が認められたが、改定を重ねることで現在の形まとまり、主力に相応しい性能を得たのだ。

歩兵使用装備として普及し始めた”リンクス”

ノース軍”コマンド・マンモス”(左)とサウス軍”コマンド・ナーガ”(右)

関連記事

  1. テラノヴァの都市部に潜入中のCEF”BF2-25…

    テラノヴァの都市部に潜入中のCEF”BF2-25フレーム”。CEF(植民拡張…

  2. 出撃を始める”ブラックマンバ”小隊

    サウスの観測基地より。出撃を始める”ブラックマンバ”小隊の奥に見える青い機体…

  3. 牽制するカプライスの汎用ギアマウント”アッコ”

    ノースの主力ストライクギア”ジャガー”を牽制する、カプライスの汎用ギアマウン…

  4. 市街戦の一枚

    市街戦の一枚。おそらくCEF侵略軍との交戦記録と思われる。ノース軍の2大傑作…

  5. 修正主義者の僧兵部隊

    ソレント修正主義は「世界を良くするために、正しく力を振るうべきである」という…

  6. 戦闘中に突如爆発するCEFの”BF2-21フレー…

    戦闘中に突如爆発するCEFの”BF2-21フレーム”。CEFの特定装備は交戦…

  7. 奇襲を受けるホバー戦闘車両”フュージリア”

    機動性と火力を持ち合わせたニュコールのホバー戦闘車両”フュージリア”がカプラ…

  8. ピースリバー軍の野盗迎撃小隊

    出撃準備を整えたピースリバー軍の野盗迎撃小隊。手前はスポーツギアとして有名な…

PAGE TOP